今村工務店のブログです。

BLOG

ブログ

2016.02.07社長ブログ

初めての家づくり~お金のかかる土地、かからない土地2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家族みんなが好きな野菜にアボカドがあります。
特に長女や次女は大好きで醤油につけて食べています。(嫁さんに付けすぎ!と怒られていますが…。)
私も料理コーナーでアボカドを使ったりする身近な野菜なのですが、
先日そのアボカドでとても驚いたことがあります。

それはお打ち合わせでI様のお宅にお伺いした時のこと、
ガラスの花瓶に水耕栽培された植物があったので
「植物を育てるのがお好きなんだなあ…」と思って見たいたら、
『それ、アボカドなんですよ♪』と教えていただきとても驚きました。

アボカドを調理して、残った種から育てられたそうです。
初めてアボカドの木と葉を見たのでビックリ。
どれくらい大きくなると実がなるのかな?などとても興味があります。

前回から引き続き、『お金のかかる土地』のお話です。
一般的に建築コストがかさむと言われている土地には、土地の形状が四角ではない変形地も含まれます。
同じ敷地広さの四角い土地に比べて、三角や台形などの変形地は有効に使えるスペースが少なく、
安く購入してもその後の建築費やランニングコストがかかりそう!なんて思いますよね。

特に斜面が多い土地は、有効に使えるスペースが少ないので要注意。
斜面を削って平坦に…何て工事をするとなると工事費用がかさんでしまいます。
でも注文住宅で家づくりを検討中なら、設計のアイデアや工夫でカバーすることもできますよっ。

土地探しでは、不動産仲介会社だけに頼るのではなく、依頼する住宅会社を早めに決めて、
一緒に土地探しからアドバイスをしてもらうのもよい方法ですね。
不動産仲介会社では敬遠してしまうような土地でも、“設計目線”から思わぬよい物件が見つかるかもしれません。

分譲地に建てるより、設計力が必要となりますがより楽しいプランが生まれると思います。
ちなみに、同じ立地の三角形の土地でも、道路に接する部分が長い場合とそうでない場合も土地の価格は異なってきます。
土地代だけで選択するのではなく、土地の条件によってかかる費用も考慮して、トータルコストでの検討が絶対に必要です。

何度も言いますが、必ず家を建てる所と相談して土地を購入しましょう。
みなさん無料で相談に応じてくれますよっ。

 

CONTACT

資料請求・お問い合わせは
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-00-5363
[受付時間] 9:00〜17:00

電話をかける

お電話でのお問い合わせ

0120-00-5363
[受付時間] 9:00〜17:00

電話をかける

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

今村工務店は地域密着型で運営しているため、
施工エリアは【北九州市近郊にお住まい・お引越し予定の方】に限らせて頂いております。
お住まいの地域が、対応エリアかどうかご不明な方は、お気軽にお問い合わせください。